カトリック的, , 霊操

罪の3レベル 軽①<②<重③

①行為としての罪:悪いことをした—嘘をついた,盗んだ,人を殺した

②生活態度としての罪:生活態度自体が神に向かってない,神がいないかのように生きること

③自己否定:自分に価値がないと思い込んで,神に愛されていることを否定する.
自分の存在価値を否定する.自分の根源的良さを否定する「根源的罪」(根源的自己否定)で,最も重い罪

ご受難, イエス

 

十字架磔刑像は,人により,また時々で,見え方が変わります.
聖堂に集う信徒達で,同じ像に見えていなことはよくある話です.
私に見えている時々の像の幾つかをご紹介します.
モノクロ:シドロ・リバス著「祈りを深めるために」その4より
カラー:聖F.ザビエル生誕宅聖堂

 

 

 

 

 

  ...

霊操

〔 謙遜の三段階 〕
165 謙遜の第一段階
永遠の救いのために必要な謙遜の段階である。すなわち,全てにおいて主なる神の掟に従えるよう、できる限り身を低くして、自分を卑しくする事である。従って、例えこの世の造られた全てのものの主とされようとも、又自分の命のためであっても、神の掟にせよ、人間の掟にせよ、背けば大罪になる掟を破ろう等とは考えもしない。
166 謙遜の第二段階
第一の段階よりも一層完全な謙遜である。すなわち、もし主なる神への奉仕 ...

霊操

究明

洞察により,私達は自分の前方にある最良の道に自己を集中さすために過去を振り返るのです。神は人間世界に対して夢を持っておられ、愛の共同体になるように私たちを力づけてくださいます。聖霊が内的に惹きつけてくださるお力に応えることで、私達が神のご計画に協力できるとしたら、私達は自分の心の安らぎに手を貸しているのです。神が、外面的からばかりでなく、内面から実に多くのことを私達に話し掛けてくださることを私達は知っています。
祈りによって、私達は神のご指導を ...

聖M・M・アラコック

聖マルガリット.マリー.アラコック ご紹介文 記載途中

聖人マルグリット・マリー・アラコクまたは聖マルガリタ・マリア・アラコク
フランス語: Marguerite Marie Alacoque,ラテン語: Sancta Margarita Maria Alacoque

生誕:1647年7月22日
死没:1690年10月17日
列福:1864年にローマ教皇ピウス9世
列聖日:1920年5月13日
列聖決定者: ...

聖C/コロンビエールSJ

  

2月15日は,聖クロード・ラ・コロンビエール司祭s.j.の記念日です.
主イエスから “My Perfect Friend”と呼ばれた聖人です.
イエスの聖心の聖地フランスのパレ・ル・モニアルに記念聖堂があり,お墓も聖堂内左側にあります.
霊操の「謙遜の第三段階」を観想的に生きた方だと,私は感じています.
日本で,もっと知られるようになって欲しいと願っています.

February 15 ...

聖イグナチオ・デ・ロヨラ

聖イグナチオ・デ・ロヨラ
霊操
自叙伝
霊的日記
今後備忘をアップします.

聖人

Dorothy Day ドロシー・デイ
フランシスコ教皇が米議会での演説で、4人の「偉大な」米国人として、アブラハム・リンカーン、マーティン・ルーサー・キング、ドロシー・デイ、そしてトマス・マートンの業績を称えました。

彼女はすでに存命中に聖別されています。
日本でも、彼女の名が広まり、働く人々の支えとなりますようにと祈ります。
——
米国で神の道具であったドロシー・デイ師の列福を,心から祈ります.日本 ...

祈り, 霊操

霊操的な ことば

————
神を別の言い方で表現してみる
・「静かなるもの,全てを静かにする静かなるもの」
————
悪魔に謙遜はわからない,十字架が見えない.
私たちは,謙遜に,十字架のご受難の中に生きれば,妨げを受けにくい.
御傷の中から教会が生まれたと教皇が宣言しているのは,何より確かな生き方を表現しています. ...

霊操

 

ニコラス総長演説「イグナチオ的霊性の力」
イエズス会総長 アドルフォ・ニコラス神父 2010年9月26日 ベルギーにて

以下はビデオを文字化

イグナチオの霊性がもつ力について,私は何年も考えてきましたが,
イグナチオの霊性によって,私達は,自分の内で起こっている出来事を意識するようになります.
自分のうちにある,すべての心理を意識するようになります.
そして,自分の内に心理をもつ